納税猶予についておさらい

納税猶予についてお話しています。
納税猶予というのはすでにおわかりかもしれませんが、農業を営んでいた個人が生前に相続人となる人に農地を一括して贈与し、その農地を受け取る人がその農地で農業を経営する場合に限り贈与税の納付を猶予する制度のことを言います。

しかし、この納税猶予には要件があり、贈与する側の人は贈与する日まで引き続いて3年以上農業を営んでいいた人に限るのです。
また、農地を受け取る人の要件としては、推定相続人の1人であること、年齢が18歳以上であること、贈与を受ける日までに引き続いて3年以上の農業従事の経験があること、農地を受け取った後速やかに農業経営を行うこととされています。

また、贈与者もしくは農地を受け取る人が死亡する時までその農地で農業を継続したような場合は、猶予されている贈与税の納付が免除されるのです。
しかし、贈与者死亡の場合は農地を受けとる人が贈与者から相続によって取得したものとしてみなされるために、相続税が課税されるそうです。
また、この農地を受け取った人が死亡した場合はその農地を受け取った人の相続人に相続税が課税されることになります。

最近では農業を営む人がだんだんと減ってきたので、このような制度がもっと増えると農業従事者も安心して農業に従事することができると思うのです。
次回は納税猶予の手続きについてお話していこうと思います。

Comments are closed.