相続税納税猶予制度の特典

12月に入りましたね。
12月の三分の一は過ぎ、今年も残りわずかとなりました。
今年は、まだまだ新型インフルエンザも流行しています。
各地で休園や休校などもされているみたいなので、注意が必要です。
これからは、忙しい時期になるので健康管理には気をつけてくださいね。

前回は、相続税納税猶予制度について触れてみました。
今回もその続き、相続税納税猶予制度について書いてみますね。

■相続税納税猶予制度の適用を受けた場合の特典

相続人が農地等を相続し、そして農業を営む場合には、その相続した農地等の評価額のうち、農業投資価格による評価額を超える部分に対応する相続税額は農業経営を継続する場合に限り納税が猶予される事になります。

・農業投資価格‥‥ 永続的に農業に利用されるべき農地等として、売り買いが自由に行われた時の価格が、通常成立すると認められた価格。 この猶予された税額は、下記のどれかに該当したときには免除されます。

・その相続人が農業経営を20年間継続した場合
この時に終生営農が義務付けられるのが、生産緑地地区内の市街化区域農地等を有している人です。
・特例適用を受けた農地等の相続人が、亡くなる前に一括贈与を農業後継者にしていた場合
・相続人が死亡した場合

このような点が相続税納税猶予制度の適用を受けた場合の特典となります。
次回は、担保の種類と継続の手続きについてお話をしたいと思います。

Comments are closed.