相続税猶予制度の制限

こんにちは。
2月のイベントである豆まきにバレンタインも終わりましたね。
今からだんだん温かくなって春へと近づいていくのでしょうか。
でも、まだまだ外はとても寒い季節。
早く温かい春が来てほしい。と思っている方はきっと私だけではないでしょうね。
また、この季節に注意な胃腸炎が大流行している様子なので、気を付けてくださいね。

相続税納税猶予制度が、設立されたのが昭和50年1月1日です。
農業を営む後継者を育てるという目的と、農家を相続する時に起こる農地の細分化を防ぐために設けられましたよね。

この相続税猶予制度の適用を受けたあとの制限があります。
その制限について調べてみましょう。

まずは、特例農地等を譲渡、転用、貸付等した場合には、以下の条件の時には猶予されている税額と利子税を納付しなければいけない事になっています。
その条件というのが、特例適用農地全体の面積の20%を超えるときです。

また、特例適用農地全体の面積の20%に満たない場合はどうなるのでしょうか?
その場合には、猶予されている利子税と税額を納付します。
そうする事で、残りの農地は引き続き猶予されることになります。

その他にも、20%の制限でも異例な例外な場合もあるので注意してくださいね。
特例適用農地全体の面積の20%を超えているのに、20%が超えていないと判断される時があります。
譲渡を公共事業等にした場合や準農地に対して、農地を納税猶予の申告期限後期限内である10年以内にしなかった場合などです。
そして、交換や譲渡をしたのに1年以内に代替えの農地を取得した場合も無いものとして処理されます。
注意しておきましょう。

Comments are closed.