納税猶予制度の証明書について

こんにちは。
3月に入り、つい先日までは真冬に逆戻りしとても寒い日が続きました。
各地で雪が降り、交通が途絶え大変な思いをさえた方も多いかと思います。
しかし、今朝は天気がよく春を感じされてくれるくらい気持ちの良い朝となりましたよね。
このまま暖かい日が続けば、良いですよね。桜が楽しみな季節に近づいていますよね。
春は、新しい気持ちにさせてくれる一番好きな季節。
みなさんも新たな気持ちで納税猶予制度について勉強をしていきましょう。

相続税納税猶予制度が設立されたその目的というのが農業を営む後継者を育てるという目的。
もう一つの目的として、農家を相続する時に起こる農地の細分化を防ぐためという目的で設けられました。

この納税猶予制度の適用を受けるには、申告が必要でしたよね。
被相続人の住所のある税務署へ申告をしなくてはならず、その期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内と決まっています。

この申告をする際には、農業委員会の発行する書類を添付する事が義務付けられています。
その書類というのが、「相続税の納税猶予に関する適格者証明書」です。

その他には、贈与税の納税猶予制度もあるので万が一分からない事や質問点などがある場合には税務署に問い合わせをすると良いでしょう。
相続税納税猶予制度についての詳しい内容を教えてもらう事ができるかと思いますよ。
私も分からない事があれば、、まずは自分で調べてみるのですがそれでも分からない場合には税務署に問い合わせをしています。

Comments are closed.