納税猶予を受ける為の条件とは?

こんにちは。
まだまだ暑い日が続きますね。
お盆が明けた現在でも各地で猛暑となっています。
今年は猛暑の為、梨の生産も遅れているそうです。
私の町でも例年は、お盆明けには美味しい梨が取れるのですが、お盆明けに知り合いの所で買いに行ったのですがまだ収穫出来ないそうです。
まだ早かったようです。
その梨の生産者曰く、今年はこの以上な暑さで収穫が遅れるのは異例だと話していましたね。
この暑さはいつまで続くのでしょうか?
各地で、この猛暑の影響が出ています。魚が大量に死んだり、食べ物が育たなかったり・・・早く過ごしやすい気候になってほしいものですね。
これからもまだまだ暑い日が続くようですが、体に気をつけてこの暑い夏を乗り切りましょう。

それでは、納税猶予についてお話ししていきましょう。
相続税の納税猶予が適用となるのは、どのような時なのか?ご存じですか?

相続税の納税猶予を受けるには、条件が必要となります。
その納税猶予の条件について説明しましょう。復習してみましょうね。

①農業をしていた被相続人の相続人が、相続されたり又は遺贈された事によりその農地を取得をしていること
②相続に関わる相続税の期限内申告書の提出をしていること
③納付しなくてはいけない税金のうち、納税猶予されている相続税を申告期限内まで相続税の額を担保して提供していること。

この①~③の条件がすべて満たしている場合に限ります。
納税猶予の期限まで、納税が猶予される事になります。

Comments are closed.