Archive for the '納税猶予<租税特別措置法>' Category

納税猶予について

こんにちは。
4月になりましたね。先週は各地で桜が満開となった所も多いでしょう。
あなたは、お花見に行ってきましたか?
今年は、寒い日が多くなかなか暖かくなりませんね。
日によって寒暖の差が激しく、風邪を引かないように気をつけて下さいね。

納税猶予についてお話しをしています。
自分なりに納税猶予を理解出来ていますでしょうか?

ここで、納税猶予の基本に戻って勉強をしていきたいと思います。
納税猶予とは何か?何度も言っていますが説明していきましょう。

租税特別措置法ができ相続税や贈与税の納税猶予制度が適用にされる事になりました。
この納税猶予は、ある一定の条件をクリアーした場合に納税猶予を受けられる制度です。
発生した相続税や贈与税の納税に対して受けられます。

この租税特別措置法について触れてみたいと思います。

租税特別措置法は、国税に関する特例を定めた法律である。
所得税法、法人税法、相続税法、地価税法、登録免許税法、消費税法、酒税法、たばこ税法、揮発油税法、地方道路税法、石油石炭税法、航空機燃料税法、自動車重量税法及び印紙税法に対する特別法に位置付けることができると共に、国税通則法において規定される利子税等の割合に関しても特例を置いている。
~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用~

この租税特別措置法は、毎年改定がされています。
制度が廃止されたり、又は改正されたり、新たに新設されています。
この事が税金に関する法律が難しいと言われている原因の一つとなっているのではないでしょうか。

租税特別措置法

これから納税猶予についてお話したいと思います。
しかし、その前に知っておいていただきたいことがあります。
それは、「租税特別措置法」です。
相続税や贈与税の納税猶予制度があるのがこの租税特別措置法で、一定の条件を満たす場合、相続税及び贈与税の納税が発生した場合猶予される制度です。
この特例を受ける場合には、農業委員会の適格者であるという証明が必要になり、税の申告期限までに税務署に申告しなければいけません。
しかし、免除前に下記のような行為を行うと、、納税猶予が適用されたとしても納税猶予の全部か、又は一部が打ち切りとなるため、猶予の税額に加えて利子税も納めなければいけません。

納税猶予の全部または一部が打ち切りになる場合
・ 特例農地等の譲渡、転用、贈与、などの設定をした場合
・ 生産緑地の買取などを申し出た場合
・ 農業の相続人が農業経営を廃止した場合
・ 継続届出書の提出が3年ごとになかった場合
・ 任意で納税猶予の適用をやめる場合
・ 増担保または担保の変更命令に応じなかった場合